AYU MAX

プログラミングとか作ったもの

C#

UE4のスクリプトをC#で書きたい(実験編)

C#でスクリプトを書きたい 私はUE4のC++は好きです。マーケットプレイスにもいくつかC++プラグインを出してます。ですがC#もたくさん書いているので、時々C#だったらもっと楽に書けるのになあと思うことはあります。 そんな事を考えていて、ふと次のような書…

.NET Core 3.0 WPFを試す(ノードベース電卓をつくってみた)

試してみた Visual Studio2019 + .NET Core 3.0の組み合わせではWPFが使えるぞということで新規プロジェクトを作成して試してみました。 とりあえず.NET Coreを使っているということを忘れて今までのWPFを使っている気持ちで書いてみて、どんな感じか見てみ…

Center CLR Try!開発 #2に参加した

Center CLR Try!開発 #2に参加 先日行われた「Center CLR Try!開発 #2」に参加してきました。 場所は#1とは違う場所で金山駅の目の前でアクセスしやすかったです。 ただし目指すビルが工事中で入り口が見つけづらく数分迷いました。。。(方向音痴なので最初…

CenterCLR勉強会でLTしてきた

勉強会参加 8/11にCenterCLRの勉強会に参加してきました LTに申し込み 今回は最初は通常枠で申し込んでいたのだけど、ある日ふと確認したらLT枠が空いていたので申し込み。 この時点ではまだ何を話そうか決めてなかったけど、とりあえず題材決めと当日の資料…

C#でOpenXML SDKを使ってPowerPointファイル(*.pptx)の出力を行う

はじめに この記事はC#でMarkdownをパースしてオリジナルの出力を行う(markdigを使用)の続編です。 上記記事の中で書いたMarkdownを PPTXにするツールはOpenXML SDKを使用してPPTXファイルを作成しています。 このOpenXML SDKの使い方が最初すごい苦労したの…

C#でMarkdownをパースしてオリジナルの出力を行う(markdigを使用)

はじめに 今回MarkdownをPowerPoint形式のファイル(*.pptx)に変換するツールを作成しました。 その中での技術的なメモをまとめておきます。 今回記述するのはMarkdownのパースについてです。 作成したツールはGithubにあげてあります。 https://github.com/a…

MarkdownをPowerPointファイルに変換するツールを作成した

MDToPPTX 先日から作成していたMarkdownファイルをPowerPointファイル(*.pptx)に変換するツールMDToPPTXのベータ版ができました。 使用言語はC#で、ライブラリ部分は.net standard2.0で作ってます。 なので試してないけど、.net coreやXamarinでも動くはず。…

PPTX作成機能 イメージ挿入と箇条書き

前回版の課題 前回の記事(http://ayumax.hatenablog.com/entry/2018/05/06/231645)の段階では以下の課題がありました。 テキストの位置を自由に変更できない イメージ挿入機能がない テキストが全て箇条書きになる そこで今回はそれらの対策を行いました。 g…

PPTX作成機能 とりあえず版

進捗 Markdownを読み込んでパワポを作るC#ライブラリの開発だが、 とりあえず最低限の機能はできた。 github.com 現時点での機能はこんな感じ スライドサイズは4x3固定(16:9も対応したい) 1枚目は必ずタイトルページ 2枚目以降は自由に追加可能 追加するス…

Markdownからパワポのファイルを作りたい

PPTXがつくりたい 最近やりたいこが多すぎて色々並列に進めてますが、 その中でも何故かこのMarkdownでパワポの資料を作りたい欲求が高くて、 一番頑張ってます。 まずはそんなツールはないのか知らべてみた そこまでニッチなツールまでは知れべてないけど、…

Visual Studio+C#でAlexaカスタムスキル2 Sessionを使って会話のキャッチボールをする

はじめに この記事はVisual Studio+C#でAlexaカスタムスキル1 Twitterにあいさつしてみたの続編です。 前回の記事の内容がベースになっています。 lambdaの記述方法としてはマイナー(と勝手に思っている)なC#を使ってカスタムスキルを作成します。 概要 前回…

Visual Studio+C#でAlexaカスタムスキル1 Twitterにあいさつしてみた

やったこと 1か月以上待ってようやく届いたAmazon Echoを使ってTwitterで挨拶してみました。 IFTTTを使えばスキルを作らなくても可能なのかもしれませんが、 スキルを作る事が目的なのでカスタムスキルで実装します。 チュートリアルやサンプルではLambdaメ…